未熟思考の捨て場

思い浮かんだ考えの断片。もしくはもっと低俗なもの。

【C言語】 余弦定理を引数を用いて書く。

こんな感じでしょうか。誰かの役に立てばいいのですが。

 

#include <stdio.h>
#include <math.h>

double yogen(double,double,double);

int main()
{
double a,b,c,y,th; //thはθのこと。

printf("余弦定理は c = √(a*a+b*b-2*a*b*cosθ)です。\n\n");

printf("1辺の長さaを入力:");
scanf("%lf",&a);

printf("1辺の長さbを入力:");
scanf("%lf",&b);

printf("a,bの夾角θを度数法で入力してください。\n");
printf("θ = ");
scanf("%lf",&th);


th = M_PI*(th/180.0); //cosがradしか受け付けないので°からradに変換
y = cos(th);

c = yogen(a,b,y);

printf("対辺の長さcは%lfです。\n",c);

}

double yogen(double e,double f,double g)
{
double h;

h = sqrt(e*e + f*f - 2*e*f*g);

return h;
}